世界のオーガニックコスメ認証機関について

世界にはヨーロッパを中心にたくさんのオーガニックコスメ認定機関があります。

 

ただ、以外にも日本にはオーガニックコスメ認定機関が存在していません。

 

 

日本でも、大手メーカーやネット通販ショップから様々な化粧品が販売されていますよね。

 

そのことを考えたら、私は日本にもオーガニックコスメ認定機関があった方が良いと思います

 

 

なぜならば、オーガニックホホバオイルでも、紹介していますが、「オーガニック」と表記のある化粧品が市場には流通しているからです。

 

 

日本にはオーガニックコスメ認証機関がないのにおかしなことですよね。

 

信頼のある世界のオーガニックコスメ認証機関から認定を得ている(ロゴマークが表記されている)なら別ですが。

 

 

 

なので、ただ「オーガニック」と表記されているのではなく、世界の認証機関のロゴマークが入っているか確認をした方が安心・安全です。

 

世界の認証機関では、認定基準をクリアしないと認証を得られることができませんし、ロゴの表記をすることができませんからね。

 

 

 

日本の大手コスメメーカーで販売されていた化粧品も使用後に、肌トラブルが起きたという事件がありましたよね。

 

ですから、オーガニックでも、きちんと世界のオーガニックコスメ認定機関から認証を得ている化粧品を購入した方が良いでしょう。

 

知らず知らずのうちに肌に悪影響を及ぼしてしまっている可能性がありますからね。

 

 

 

それでは、世界に存在するオーガニックコスメ認定機関についてご紹介していきたいと思います。

オーガニックコスメ認定機関

COSMOS(コスモス) ヨーロッパ統合有機認証機関

COSMOS(コスモス)はナチュラルオーケストラのホホバオイルも認証を得られています。

 

こちらは、「ECOCERT(エコサート) フランスのオーガニック認証団体」「COSMEBIO フランスのオーガニック製品認証団体」「BDIH ドイツのオーガニック認定ガイドライン」「ICEA イタリアのオーガニック認証機関」「SoilAssociation(英国土壌協会) イギリスのオーガニック認証機関」などの5つの団体が2010年に設立しました。

 

 

いずれのオーガニック認証団体も世界から信頼をされている機関であるのが特徴ですね。

 

コスモス認定マークが、これからのオーガニックコスメ業界において、世界統一の基準になるのではないのかとも言われています。

Na True(ネイトゥルー) ドイツのオーガニックコスメ認定機関

こちらは、「ロゴナ」「ラヴェーラ」「ヴェレタ」「サンタベルデ」「ドクターハウシュカ」「プリマペーラ」などの化粧品メーカーによって設立された認定機関です。

 

★★★でオーガニック認定基準が95%以上、★★でオーガニック認定基準が70%以上95%未満、★でオーガニック認定基準が70%未満と認証されます。

BDIH ドイツのオーガニック認定ガイドライン

BDIHは、2000年にドイツで作られたオーガニック認定ガイドラインです。

 

「コスメで使用できる成分の制限」「動物実験の禁止」「可能な限り植物原料を使用する」などの基準が設けられています。

demeter(デメター) ドイツのオーガニック認定機関

オーストリアの人智学者であるシュタイナーが提唱した「バイオダイナミック農法」を推奨しているのが特徴です。

 

その名のとおり「バイオダイナミック有機栽培農法」を規定通りに行っていなければ、認証を得ることができません。

 

neuform(ノイフォルム) ドイツの反自然破壊団体

ドイツ法定基準よりも厳しい基準をクリアすることができた企業が会員になれる反自然破壊団体です。

 

「製造工程が衛生的であるか」「一部の自然由来原料を除いた保存料は使用しない」「動物実験をしない」などの厳しい基準があるのが特徴ですね。

eco control(エココントロール) ドイツのオーガニックコスメ認証団体

エココントロールは先にご紹介したドイツのオーガニック認定ガイドラインである「BDIH」よりも、厳しい審査基準があるのが特徴です。

 

オーガニックとしてだけでなく、フェアトレードをしなくてはならないといった厳格な規定もあります。

ECOCERT(エコサート) フランスのオーガニック認定機関

こちらは、ナチュラルオーケストラのホホバオイルでも認証を得られている認定機関ですね。

 

また、オーガニック認定団体の世界基準とも言われており、オーガニックの基準はより厳しくなっているのが特徴です。

 

国際的にも、レベルの高いオーガニック認証機関として有名な団体になります。

ecobio フランスの通商産業省のオーガニック認定制度

「原材料の95%は天然由来であること」「製品の5%以上がオーガニック原材料であること」「生物性由来原材料の50%がオーガニック農法であること」などの基準があります。

USDA アメリカ農務省

USDAは、アメリカ農務省のことです。

 

「オーガニック原料を使用」「100%有機栽培で育てられた原料を使用していること」などがガイドラインの基準となっています。

 

ナチュラルオーケストラのホホバオイルもUSDAからオーガニックの認定を受けています。

QAI アメリカ農務省に認定されたオーガニック認証団体

アメリカの中でも最大規模であるオーガニックコスメ認証団体であるのがQAIになります。

 

アメリカで定められているOFPA(オーガニック食品生産法)、NOP(国家有機プログラム)の基準をクリアすることで認証を受けることができます。

 

サンナチュラルズも、QAIにオーガニックホホバオイルと認定されていますね。

ACO オーストラリアのオーガニック認証機関

こちらは、オーストラリア最大のオーガニック認証機関にあたります。

 

世界的にも信頼されている認証機関で「原料の95%以上が認定されたオーガニック素材を使用していること」「残りの5%も天然の原料を使用していること」など大変厳しい基準をクリアしなければ認定を受けることができません。

 

ナチュラルオーケストラのホホバオイルはACOからオーガニック認定されていますよ。

SoilAssociation(英国土壌協会) イギリスのオーガニック認証機関

「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という理念をもとに設立されたオーガニック認証機関です。

 

「遺伝子組み換え作物を生産していないこと」「農薬・化学肥料を使用してはならない」などの厳しい認証基準があります。

ICEA(イチェア) イタリアのオーガニック認証機関

「石油由来の原材料を使用してはならない」「動物実験の禁止」「遺伝子組み換えの原料、コラーゲン、牛脂などの動物由来成分を使用してはならない」「自然由来成分は95%以上」などの厳しい認定基準があります。

日本にもオーガニックコスメ認証機関が設立されることを期待したいですね!

以上が有名な世界に存在するオーガニックコスメ認証団体になります。

 

でも、実はもっとたくさんのオーガニック認証機関があります。

 

 

こちらでご紹介したのは世界的にも有名な機関だけで、ほんの一部です。

 

ヨーロッパなどでは、信頼のある認証機関がいくつも設けられているのですね!

 

 

 

日本では、「食の安全」に関しては厳しいですが、コスメなどにはまだ安全だといえる認証機関がないのは非常に残念なことだと思います。

 

使用している原材料が粗悪なものだった場合、肌トラブルや健康被害リスクもありますから、いつか日本にもオーガニック認証機関が誕生してくれればと、心から願っています。