オーガニックホホバオイルが最高品質・基準のホホバオイル

ホホバオイルは色々なメーカーから販売されていますよね。

 

市販で販売されているものからネット通販で販売されているものまで、いくつものホホバ油があります。

 

ホホバオイルは直接お肌に付けて、スキンケアをする美容アイテムです。

 

ですから、できる限り肌に優しいホホバオイルを使用することが大切なのですね。

 

 

ホホバがどのような環境で生産されて、作られているのか私たちユーザーにはわかりません。

 

中には、「殺虫剤」「除草剤」を使用して生産されているホホバオイルもあるかもしれないのが、怖いところなのですね。

 

 

 

それから成分の中に、「パラベン」「アルコール」「鉱物油」「タール」「紫外線吸収剤」などの添加物や着色料を使用した製品も中にはあるでしょう。

 

それで、最高品質・最高基準であるホホバオイルであるかどうかを見極める重要なポイントが「オーガニック認証を受けているか」ということになります。

 

 

 

ホホバオイルに限らず、コスメ・化粧品全てに言えることです。

 

ですから、農薬や化学肥料をしないで、自然の恵みによって生産されたオーガニックの認定を受けている化粧品を使用した方が良いことが、ハッキリと言えます。

 

 

 

そして、オーガニック認定されたコスメは、製品そのものだけでなく、環境にも優しいのです。

 

化学薬品を使用して作られた作物は、作物、土壌、水まで汚染をしてしまいます。

 

 

 

つまり、オーガニック認定を受けた化粧品ブランドを使用することは、私たち人間の体はもちろん、地球にとっても優しいのです。

日本には食品に関するオーガニック認定機関があっても、化粧品やコスメにはオーガニック認定機関がありません。

ただ、日本にはオーガニックを認定する機関がありません。

 

食品であれば、農林水産省の有機JAS認定という規定が設けられていますが、化粧品にはオーガニック認証を行う機関がないのですね。

 

「この製品はオーガニックブランドである」とメーカーの判断で表示することができてしまうのが現状としてあります。

 

それは、オーガニック表記についての罰則がないからです。

 

 

 

では、全てのオーガニック認定を受けている化粧品は怪しい製品であるのかというとそうではありません

 

世界には厳格な認証基準に基づいて検査をする認証団体があります

 

 

 

この団体は、「作物や土壌に農薬は使用していないか」「化学肥料は使用していないか」「環境汚染をする成分を使用していないか」などの規定に基づいて、オーガニックの認定を行うオーガニックコスメ認証団体です。

 

 

オーガニック認定団体はヨーロッパ各地・アメリカにいくつかあって、認定を受ける規定内容は機関によって違ってきます。

 

 

 

あたなが愛用している化粧品が、世界のオーガニック認定機関を受けている製品であるかどうか確かめてみてください。

 

そこで、世界のオーガニック認定のマークが表記されていなければ、それは本当に安全なものであるかは保障できません。

 

 

 

ホホバオイルにも、オーガニック認定を受けている製品もあります。

ナチュラルオーケストラでは「ECOCERT(フランス有機認定機関)」「COSMOSORGANIC(ヨーロッパ統合有機認定機関)」「USDA(アメリカ農務省有機認定機関)」「ACO(オーストラリア政府登録認定機関)」から正式な認定を受けているホホバオイルを扱っています。

サンナチュラルズでは「QAI(アメリカオーガニック認証機関)」から認定を受けたホホバオイルを扱っています。

これらの認証機関は世界基準の厳しい検査に基づいて検査をされて、認められることができなければ、製品に表記することができません

 

ですから、この2つのメーカーのホホバ油は安心・信頼感のあるホホバオイルといって良いでしょう。

 

 

オーガニック=体や環境に優しいという先入観を持ってしまいがちですが、化粧品においては世界のオーガニック認定機関から認証されている製品を使用するのが賢明ですよ。