妊娠線予防ケア

妊娠するのはとてもおめでたいことですよね。

 

私はまだ経験がありませんが、いつか新しい命を授かすことができればいいなぁ〜♪なんて思ったりしています(^O^)

 

 

でも、出産する時はもちろん、妊娠中でも体の変化が起きて色々と大変なことが起きてしまうみたいなんですね。

 

体の変化が起きてしまうのは、ホルモンバランスの変化が原因となって起こります。

 

 

その妊娠中に起きやすい肌トラブルの一つが妊娠線です。

 

肉割れとも言われていますよね。

 

妊娠線ができる部位は主に、一般的にお腹や腰周りだと言われています。

 

 

妊娠線は人によって変わってきますが、文字通りお腹や腰周りに線のようなモノができてしまうんですね。

 

色は赤かったり、白かったりとこちらも人それぞれのようです。

 

 

妊娠線ができる原因は、お腹に赤ちゃんを授かると、自然とお腹が出てくるものですよね。

 

そのに伴い、お腹の皮膚が引っ張られることで無数の線ができてしまうようです。

 

 

主な症状としては、友達の話によると「かゆみ」が表れるみたいですね。

 

それも、妊娠を経験したけっこうな友達がかゆみに悩まされていたようです。

 

しかも、想像以上のかゆみだったらしく、夜眠れないこともあったみたいなんですね。

 

 

そして、何よりも一度なってしまった妊娠線は消えることがないこともあるのです。

 

少しずつ目立たなくなってきますが、それでも完全に消えることがない場合もあるんですね。

 

 

そんな妊娠線予防ケアにオススメなのが、100%オーガニックのゴールデンホホバオイルです。

 

良質のゴールデンホホバオイルには「保湿成分」「外からの異物から守るバリア機能」「反バクテリア作用」「肌ケアに欠かせないビタミン・ミネラルが豊富に含まれている」といった特徴がありますからね。

 

その良質なホホバオイルが「ナチュラルオーケストラ」と「サンナチュラルズ」です。

 

 

ホホバオイルには、副作用の心配がない自然由来のオイルなので、妊娠中のデリケートなお肌にも安心して使用することができます。

 

 

使い方としては、お風呂上がりの清潔なお肌に軽くマッサージをしながら付けるだけでOKです。

 

お腹に、大切な赤ちゃんがいますのでそ?っと塗るのがぽんとです。

 

 

初めのうちは目立った効果が見られないかもしれませんが、使い続けることで徐々に効果を実感することができると思いますよ。

 

妊娠線予防ケアにホホバオイルを使用したい方は、良質なゴールデンホホバ油がおススメです。