本物のホホバオイルの条件

ホホバオイルが美容・健康に良いことから、色々なメーカーのものが販売されるようになってきましたよね。

 

 

でも、私が知る限り本当に良いホホバオイルは、まだそれ程出回っていないように感じています

 

 

つまり、「ホホバオイル」というネーミングだけで販売されいるホホバ油もあるということですね。

 

 

私が試してきた中で、効果を実感できないモノもありましたからね

 

 

ですが、「本物のホホバオイル」というのは、肌に良いのはもちろん、美肌・健康成分が多く含まれているのです

 

 

だからこそ、本物のホホバ油には、高い美肌効果、アンチエイジング効果、スキンケアに効果が期待できるんですね。

 

 

では、具体的に「本物のホホバオイルの条件」とは一体どのようなことが挙げられるのか。

 

 

これから紹介していきたいと思います。

 

本物のホホバオイルが持つ特徴について

100%オーガニック認定されているホホバオイル
未精製のホホバオイル
ゴールデンホホバオイル

以上の3つが揃っているモノが、本物のホホバオイルだけが持っている特徴ですね。

 

 

100%オーガニック認定を得るための条件はとても厳しいことです。

 

 

審査の基準は、認定機関によって違いがありますが、高品質であったり、明確な安全性が認められたりをしなければなりませんからね。

 

 

このオーガニック認定を受けていることが、安全で高品質なホホバオイルを選ぶときの一つの目安になります。

 

 

それから、未精製のホホバオイルであることも重要なことです。

 

 

一般的に、未精製のモノよりも精製した方が良いモノというイメージを持ちがちですが、ホホバオイルに限っては「未精製」の方が高品質になりますからね。

 

 

その理由を簡単に説明しますと、精製してしまうとホホバオイルが持つ本来の自然由来成分も失われてしまうからです。

 

 

未精製のホホバオイルと精製されたホホバオイルについても紹介していますので、詳しく知りたいという方はそちらを参考にしてくださいね。

 

 

そして、ゴールデン色こそが本物のホホバオイルの証となります。

 

 

ゴールデン色であるためには、前にも説明させてもらいましたが、未精製であることが絶対条件となります。

 

 

そのままのホホバの種子から抽出されたホホバ油が「ゴールデン色」をしています。

 

 

ちなみに、精製してしまうと、ゴールデン色ではなく、無色透明になってしまいます。

 

 

ゴールデン色をしたホホバオイルは、ゴールデンホホバオイルとも言われていて、ホホバが本来持つ「ビタミン」「ミネラル」などの成分が豊富に含まれています

 

 

見た目も、ゴールデン色をしていた方が、キレイ・高級感があるだけではなく、栄養がたくさん含まれているように見えますよね。

 

 

ナチュラルオーケストラ、サンナチュラルズは、「本物のホホバオイルの条件」が全て揃っています。

 

 

ホホバオイルの通販店や市販のお店はたくさんありますが、これらの条件が揃った最高品質のモノはそれ程多くありません。

 

 

ナチュラルオーケストラやサンナチュラルズでは、初めての方におススメのお手頃セットもありますので、まずはそちらから試してみるといいかもしれないですね。