ホホバオイルの精製と未精製の違い

ホホバオイルには、精製されたオイル(ゴールデンホホバオイル)と未精製のオイル(クリアーオイル)があります

 

 

ちなみに、当サイトで紹介しているナチュラルオーケストラ(NATURAL ORCHESTRA)とサンナチュラルズ(SUNaturals)のホホバオイルは未精製(ゴールデンホホバ油)になります。

 

 

また、アロマ暮らしの「生活の木」や「ハイパープランツ」のホホバオイルは、未精製(ゴールデン)と精製(クリアー)されたホホバ油があります。

 

 

それでは、精製ホホバ油と未精製ホホバ油の特徴について紹介していきたいと思います

未精製ホホバオイル

色がゴールデン(黄色い)のが特徴で、ゴールデンホホバオイルとも呼ばれています。

 

精製されたホホバオイルと比べて、栄養・美肌成分が多く含まれています。

 

化学処理を一切しないで、そのままのホホバ種子から抽出されたオイルです。

 

そのままのホホバ種子から抽出されたオイルなので、ホホバ独特の香りがします。

 

精製ホホバオイル

色が透明なのが特徴で、クリアーホホバオイルとも呼ばれています。

 

未精製(ゴールデン)ホホバオイルと比べると、栄養・美肌成分が少ないのが特徴です。

 

精製することで、ホホバに本来含まれている成分は失われていますが、不純物が少ないのが特徴です。

 

香りもほとんどしません。

 

以上が未精製ホホバオイルと精製ホホバオイルの違いになります。

 

 

ゴールデン色と無色透明色なので、見た目だけでも、その違いはすぐにわかると思います

 

 

それで、精製ホホバオイルと未精製ホホバオイルtのどちらが良いのかといいますと、私は「未精製ホホバオイル」の方がおススメだと思います

 

 

ホホバオイルに本来含まれているビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、美肌やスキンケアの効果は未精製の方が実感できやすいですからね