ホホバオイルってサラサラ?それともベタベタするの?

ホホバオイルの気になる疑問の一つが「サラサラとしているのか」「それともベタベタするのか?」という使用感についてだと思います。

 

ホホバオイル=油ですから、ベタベタしてそうと思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、ホホバ油はベタつきがほとんどないのが特徴ですね。

 

手に取ったときは多少ベタっとしていますが、肌につけたあとは浸透力に優れているので、それ程ベタつきが気にならないと思いますよ。

 

 

使用感としては、水や化粧水のようにサラサラっとしています。

 

 

そのため、ベタつくのが嫌だという方でも安心してお使いになれると思いますよ。

 

ですが、中にはベタベタしているホホバオイルがないとも言い切れません。

 

 

ホホバオイルは店頭でも、インターネットでも幅広いメーカー品のものが販売されています。

 

ですから、あまりにもベタつきが気になるようなホホバオイルはお使いになるのを辞めておいたほうが良いと思います

 

ホホバオイルは本来、ベタつきのほとんどないサラッとした使用感ですからね。

なぜ、ホホバオイルにはベタつきが少ないのか?

ホホバオイルには、どうしてベタつきが少ないのか気になる方もいらっしゃると思います

 

油はベタベタしているイメージがありますもんね。

 

 

その中でも、ホホバ油にベタつきがない理由は、人間の肌に近い「ワックスエステル」という成分が豊富に含まれているからです。

 

 

ワックスエステルは私たち人間のお肌にも含まれている成分で、保湿効果など肌には欠かせない成分になります。

 

その私たち人間に欠かせないワックスエステルという成分ですが、過度なストレスにさらされていたり、加齢とともに失われていってしまうのが現実です。

 

 

ですから、ホホバオイルを使ってワックスエステルをお肌に浸透させることによって、お肌にハリや艶が生まれてくるのですね。

 

最近、お肌の調子が悪かったり、化粧のノリが悪くて悩んでいる方は、ワックスエステル不足によることが原因なのかもしれません

 

人によって、色々なお肌の悩みがあると思いますが、様々な肌トラブルの解消にホホバオイルは有効ですので、是非試してもらいたい美容アイテムですね。