ホホバオイルの副作用

市販・病院で処方される医薬品には、副作用がつきものです。

 

一定の効果はあるものの、副作用が強すぎると使用するのを中止せざるを得なくなってしまいますよね。

 

しかし、ホホバ油は自然由来のため、副作用がなく安心して使うことができます

 

また、自然由来の成分が含まれているからといって、副作用がまったくないというわけではありません。

 

その代表的なものが「漢方薬」(生薬)です。

 

「漢方薬」(生薬)はあらゆる病気・未病・体調不良に効果があるのも事実ですけどね。

 

漢方薬や生薬の副作用は、素材によって変わってきますが、便秘薬で例えると「大黄(ダイオウ)、甘草(カンゾウ)」などの成分が含まれています。

 

これらの成分は便秘に対して、高い効果がありますが、「発疹」「下痢」「腹痛」などの症状が副作用となって表れてくる場合もあるのです。

 

そのことを考えると、同じ自然由来成分である漢方・生薬に比べ、ホホバオイルに副作用がないというのは素晴らしいことだと思います。

 

漢方薬や生薬は服用するものですが、ホホバオイルはお肌や頭皮・髪の毛に使用するものなので、両者を比較するのはおかしな話なんですけどね(汗)。

 

私は、今でもホホバ油をお肌やヘアケアとして頭皮に使用していますが、副作用を感じたことは一切ありません

 

むしろ、お肌の調子が日々よくなっていくことを実感し続けています♪

 

私の周りでは、ホホバオイルを愛用している人がたくさんいますが、そういった話も聞かないですしね。

 

そして、ホホバオイルの高い効果と安全性があることから、医療の場でも実際に使用されています

 

お医者さんからも、認められているのですね!

 

具体的には、ヤケドの治療やアトピー性皮膚炎に保湿を与える目的で使用されています。

 

さらに、驚きなのが人工心臓の潤滑油としても使われていることです

 

心臓は、人間で最も大切な臓器の一つです。

 

その人工心臓にもホホバ油が使用されているのは、絶対的な安全性があるからこそだと思います。

 

肌や体に良いとされる植物・天然由来のオイルはいくつかありますが、その中でも副作用がなく安心して使うことができのが「ギングオブオイル=ホホバオイル」なのです。

 

ホホバオイルは稀にアレルギー反応が出てしまう可能性もあります。

ホホバオイルを肌や頭皮に使用することで、稀にアレルギー反応が起きてしまう方もいらっしゃいます

 

そのような事は、ほとんどないと思いますが、肌に違和感・異常を感じた場合は使用するのを中断しましょう

 

その場合は、そのまま放置するのではなく、お医者さん(皮膚科)を受診し、よく相談することをおすすめします