ホホバオイルには高い保湿効果があります。

人や多くの動物の体の70%以上が水でできていると言われています

 

そのため、体の水分が失われてしまうと、様々な肌トラブルの原因、健康リスクの原因となってしまうんですね。

 

 

つまり、私たち人間の体において、水分は最も大切なモノの一つなのです。

 

しかし、年齢とともに体内の水分が失われれやすくなったり、体質やストレスの増加によっても水分が失われてしまうことも頻繁にあることなのです。

 

 

そんな大切な水分が失われてしまうと、「肌の乾燥」「肌荒れ」「しみ・シワ・たるみ」「ニキビ・吹き出物」など原因となってしまいます。

 

肌が乾燥するだけでなく、色々な肌トラブルのリスクになってしまう可能性があるんですね。

 

 

そのような肌トラブルにならないようにするためには、肌を保湿してあげることが大切です。

 

肌が潤っている人は、肌がキレイに見えますよね。

 

 

肌の保湿ケアに化粧品を使用している方もいらっしゃるかもしれませんが、ホホバオイルにも高い保湿効果があることを忘れてはいけません。

 

また、化粧品だったら肌に合わなかったりするものもありますが、ホホバオイルはそのような心配もほとんどないと思います。

 

 

ホホバオイルには、副作用の恐れがほとんどありませんからね。

 

では、「なぜホホバオイルには高い保湿効果があるのか?」について、これから紹介していきたいと思います。

高い保湿効果があるのは、「ワックスエステル」のおかげ。

ホホバオイルには「ワックスエステル」という成分が植物の中で唯一含まれています。

 

その貴重なワックスエステルがホホバ油には90%以上も含まれているのです。

 

 

それで、ワックスエステルがどのような働きをしてくれるのかといいますと、体内から水分が失われるのを防ぐ保湿効果があるんですね。

 

さらに、外からの異物や刺激から守ってくれる効果もあるので、肌にとっても良い成分なのです。

 

 

ちなみ、ワックスエステルという成分は私たち人間の肌にも含まれていて、肌を構成するためになくてはならない成分になります。

 

ホホバ油には、高い保湿効果があることで、肌のターンオーバーをスムーズに行ってくれて、アンチエイジング効果など様々な美肌効果をもたらしてくれるのですね。

 

 

ホホバの木は、主にアメリカやメキシコの砂漠地帯に生息していたのですが、砂漠は想像を絶するほどの暑さです。

 

しかし、そんな厳しく過酷な環境の中で生き抜いてこれたのは保湿効果に優れた「ワックスエステル」を保有していたからに他なりません。

 

 

砂漠地帯でも水分が失われることなく、生きてこられたのはスゴイことですよね。

 

肌の乾燥や水分不足、肌トラブルに悩んでいる方は是非、ホホバ油の自然パワーを体感してみてくださいね。