ホホバオイルにエッセンシャルオイルを混ぜて使用できる?

ホホバオイルはエッセンシャルオイルではなく、キャリアオイルになります。

 

ホホバオイルをキャリアオイルとして、エッセンシャルオイルと併せて使用することは可能ということになります。

 

 

 

エッセンシャルオイルは濃度が高いため、キャリアオイルとブランドして、薄めてから使用するのが一般的ですよね。

 

キャリアオイルには「ホホバ油」「スイートアーモンド油」「グレープシードオイル」「オリーブ油」「マカダミアナッツ油」「アプリコットカーネル油」「アルガン油」「ココナッツ油」などがよく使用されています。

 

 

この中でも多く使用されているのがホホバ油なのです。

 

 

 

ホホバ油はベタつきが少なく、ワックスエステルなどの保湿・美容成分が豊富に含まれているので、キャリアオイルとして最高の条件が整っていますからね。

 

 

 

マッサージオイルやアロママッサージなどに、キャリアオイルとしてホホバ油を採用しているエステサロンもたくさんあります。

 

プロの方もホホバオイルを、キャリアオイルとして愛用しているのですね。

 

 

 

マッサージオイルやアロママッサージとして使用する前に注意しなければならないのが、エッセンシャルオイルの濃度になります。

 

濃度が濃すぎてしまうと、肌にダメージを与えてしまったり、香りが強すぎてしまったりしてしまいます。

 

ですから、キャリアオイルで1%以下まで希釈(ブレンドして薄める)して使用するのが理想です。

 

 

 

この濃度を薄めて使う希釈をする部分が意外と難しい…と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

エッセンシャルオイルは1滴につき約0.05mlになるように設計されています。

 

もう少し詳しく説明しますと、エッセンシャルオイルのボトルのドロッパーから0.05mlになるように調整されているんですね♪

 

 

下に例を挙げると、このような目安になります。

精油であるエッセンシャルオイルを2滴使用した場合、キャリアオイルを10ml使用することで濃度を1%以下にすることが可能です。

 

エッセンシャルオイルを使用する量が4滴の場合は、キャリアオイルを20ml使用することで濃度を1%以下にすることが可能です。。

お風呂上がりの体が温まって血行が良い状態の時にマッサージをすると、より高い効果が期待できますよ♪